HOME施工事例 >伝統工法手刻みの家(日野市)

伝統工法手刻みの家(日野市)

木造2階建て 「木組みの家」 ・・・ 日野市 

 

・・・・・・・・・・・・

機械や薬品に頼らず手刻みで

全てつくられたこちらのお住まい。

至る所に垣間見える昔から伝わる大工の工夫

国産材100%、材料も構造も

日本の風土に従順しているので

時を経るごとに強くなり、

住まい手をしっかり守る家です。

・・・・・・・・・・・・

 

 

※伝統工法手刻みの家は、木の持つ性質を活かし

金物に頼らず組み立てる昔ながらの伝統工法です。

→詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

建て方の前に、刻みの作業です。

図面から適切な継手を書き出し

墨付けしていきます。

 

墨付けした柱や梁を一本一本

刻んでゆきます。

機械では不可能なより頑丈な継手ですので

ほぞの長さが長いのが大きな特徴です。

 

いよいよ建て方です。

柱・梁・貫を組み立てていきます。

 

基礎炭を塗っています。

→参考 基礎

 

断熱材:セルローズファイバー

→参考 断熱材

 

 

この豪快な梁も手刻みでがっしりと組まれています。

木がやせても込み栓のチカラで

よりしっかりと締まる仕組みです。

 

 

北側のキッチンの向かいは

調度交通量の多い道路でした。

そこで、大きさと設置位置に悩んだ小さな窓は

街路樹の緑を切り取るような窓に。

まるでガラスは絵画のように鮮やかに彩られ

季節の移ろいを感じられます。

 

 

和室の梁は丸太から切り出した

大きな太い太鼓梁

 

勾配天井であらわしになったヒノキの梁

漆喰に映え、年を経るごとに

飴色に変化してきます。

 

 

 

外観は火山灰から作られた「そとん壁」を使用。

コテ仕上げに味があります。

→参考 外壁材

 

小上がりになった畳コーナーは

リビングの延長線上に。

小上がり部分の下には収納スペース

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

→参考 木組みの家

・・・・・・・・・・・・・・・・・・