HOMEスタッフブログスタッフブログ >【現場】外壁の左官工事に入る前に・・・

【現場】外壁の左官工事に入る前に・・・

 

 

外壁は左官工事に入る前に、通気胴縁を施工します。

 

通気胴縁は、外壁の塗り壁の内側をしっかり通気層をとれるように

小さな角材で空気層を確保する部材です。

 

 

 

通気胴縁

 

 

透湿防水シート(湿度を適度に通して防水するシート)を隙間なく施工したら、

通気胴縁を施工し、下地となるラス板を止めていきます。

 

 

 

通気胴縁

 

外壁ができてくると雰囲気がぐっと変わるので楽しみです。

 

*****

トレカーサの樹の家・板倉づくり・手刻みの家の施工例はこちら
フェイスブック→★
instagram→★
「健康住宅/森の駅発」森に愛される家ホームページ→★


通気胴縁