HOMEセミナーハウス情報 >11/20(日)森の駅発 グランド・フォーラム2016

11/20(日)森の駅発 グランド・フォーラム2016

11/20(日)森の駅発 グランド・フォーラム2016

森の駅発グランドフォーラム

 

 

———————森の駅発 グランド・フォーラム2016———————
 

自然乾燥材で日本に再び健康な住宅を!
 

■東京大学農学部 弥生講堂

■2016年 11月 20日(日)13:00 開始 17:20 終了予定

会場:東京都文京区弥生町一丁目:地下鉄東大前下車徒歩2分

会費:3,000円/当日受付にて

 

 

————————————— 第1部 セミナー —————————————

講演1

東大名誉教授 谷田貝 光克

「快適環境づくりに木の香り」

 

講演2

九州大学農学研究院准教授 清水 邦義 

「無垢木材の良さの科学的検証」

 

講演3

東京建築士会会長 中村 勉 

「自然共生型ゼロエネハウス」

 

講演4

東京大学大学院教授 酒井 秀夫(森の駅推進協議会 副代表)

「日本の森をより元気に」

 


———————————— 第2部 フォーラム —————————————

 

フォーラム/16:10〜17:20(上記4氏によるパネルディスカッション)

 

終了後 レセプション開催予定 (参加費別途:2,000円)

 

 

※お申し込みはトレカーサ工事まで

 

ご案内

 

最近住宅建設界では、国産木材使用が流行の様に用いられます。

しかし、現在国産木材として一般に罷り通っている建築資材は、一週間以上高温乾燥された結果、木々が自らの成長で貯めた、7年分に相当するCO2を排出、木の生命を奪った木材です。

本来、人が森や里で育った時代から戦前までの自然乾燥木材は、人と共にあり、住む人を健康にする要素を十分備えていました。

 

しかし、自然乾燥木材は、現在、流通木材の約1%まで激減、消費者である市民には、この事実が全く伝えられていません。

戦後の住宅の速成簡便と、経済効率を優先し過ぎた結果です。

 

この度、木材の健康力について、各々エビデンスを持つ講師陣を迎え、自然乾燥(又は低温乾燥)の国産木材が持つ健康力について、住む人々の健康に如何に役立っているかを解説して頂きます。

 

国産木材使用の第一線におられる建築士並びに工務店の方々、また、これから健康的な住まいをと、お考えの市民の方々に、是非お聴き戴きたく思います。

皆様のお越しをお待ち申し上げております。

 

2016年9月吉日


森の駅推進協議会代表幹事 岡本 守生(地域交流センター)

森の駅発健康住宅研究会事務局 自然素材工房トレカーサ工事