HOME > 木組みの家

木組みの家

『木組みの家』シリーズ

特徴

①機械ではできない高度で強度のある継手(つぎて)

最近では、プレカットが多く用いられるようになってきましたが、複雑すぎて機械では出来ない、より高度で強度のある継手を作れるのが、手刻みの最大の特徴です。
継手を組み合わせた後に「込栓(こみせん)」と呼ばれる木の栓を叩き込むことで、継手の強度はさらに増します。
昔からの知恵と技術が結集されたこの伝統的な工法には、熟練した大工の技術が不可欠です。

②木材の適材適所を実現

手作業のため、機械作業よりも期間はかかりますが、木材の持つ癖を一本一本見極めながら適材適所に使っていきます。そうすることにより、月日の経過と共に強度を増すしっかりとした骨組みとなります。

大工の技術と道具

◎墨付け作業

手板作成

①手板作成

手板(ていた)とは、平面図、床伏、小屋伏図など、必要な寸法や符号を墨刺しで板に書き込み、墨付けするときに用いる、板に書く建築図面のことです。建物の刻みはこの図面作成から始まります。

 

建物構造体の内容はこの手板に書き込み、刻みを進めていきます。

手刻みには大変重要な作業です。

墨付

②墨付

墨付とは、材料を加工する前に、墨つぼと墨さしを使って柱材や梁材などの構造材や、造作材などに印を付ける作業です。へら状のものを墨指(すみさし)といいます。

材料に名前を付ける

③材料に名前を付ける

通り芯に合わせ、縦番「いろはにほへと」、横番「一二三」と割り振り、そこに使う材料に名前を付けていきます。

この番号は手板で決まります。

墨つぼと墨指

④墨つぼと墨指

墨つぼは、木で出来ており、壺の部分には墨を含んだ綿が入っています。糸車に巻き取られている糸をぴんとはり、糸の先についたピン(カルコ)を材木に刺し、この状態から糸をはじくと、材木上に直線をひくことが出来るので、梁や柱など、材木の間が離れているところでも、この道具を使用することにより正確に直線をひくことができます。

◎刻み道具

ノミ

①ノミ

今日では、ノミは鉄製の刃に木製の柄がついている物を 使用しています。 大昔はノミも鉄だけでできていました。鉄だけでできた多烈弥(タガネ)と呼はれるノミは、玄翁(ゲンノウ)でたたいた時、手がしびれたろうと思います。

ノミを握る手へのなじみを良くするために、木の柄がついたのはだいぶ時代も下ってからです。

それも、現在とは違って袋型式と呼ばれる方法で柄がついていました。

 

指矩(さしがね)

②指矩(さしがね)/曲尺(かねじゃく)

指矩も曲尺も同じ道具を指します。

二つの役割があり、一つは、長さや直角を見るための道具としてで、一つは、線を引く定規として使われます。

台カンナ

③台カンナ

目につきやすいところなどの仕上げ、または材と材が合わさる部分等をカンナで仕上げます。

昔はよく、大工さんがカンナくずをだしながら、カンナをひいている婆を目にしましたが、今日では、工場からキレイに仕上がった材が現場で届くので、カンナを掛ける見る機会は少なくなってきました。

電動カンナ

④電動カンナ

電動カンナで丸太の皮を削り、水平を確認して芯を出していきます。 角材は自然と台の上で水平になっていますが、丸太はきちんと固定する必要があります。

柱穴・間柱穴・ホゾ等、角材と同じ考え方で墨付けをおこないます。

鋸(ノコギリ)

⑤鋸(ノコギリ)

ノコギリは、一般には横挽き用、縦挽き用があり、木目に平行に切断するか、直角に切断するかによって使い分けます。

◎継手・仕口(一部抜粋)

ホゾ

①ホゾ

腰木端面につくった突起をほぞといいます。

これだけでは引抜きの力に抵抗できないため、楔(くさび)・込栓(こみせん)・鼻栓(はなせん)などで緊結します。

 

※込栓には、ナラやカシ、角や丸など色々な種類があります。

柱と横架材(土台・梁)との接合に使用する場合、柱に掛かる引抜き力に応じて、使い分けることが可能です。

 

両目違腰掛鎌継

②両目違腰掛鎌継(りょうめちがいこしかけかまつぎ)

腰掛け+両目違い+鎌材の捩れと引張りがかかったときに、下木の開きを止めるため、腰入れ目違い鎌継ぎの首の両側に、目違い.(ホゾ)を入れた継手です。

金輪継ぎ

③金輪継ぎ(かなわつぎ)

金輪継ぎは引っ張りに強く込栓を打ち込むことにより、1本の材のような強度となる、強い継手です。