HOME施工事例 >農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

 

 

敷地面積1000㎡とゆとりある敷地に農のある田舎暮らしを実感できるお宅です。

道路を挟んで一本向こうには日常生活が可能な商業施設が立ち並ぶが、

緑豊かな山脈に囲まれ、二つの河川が横断する、水と緑に愛される愛川町

お施主様は東京での暮らしから一変、有機農業をこの愛川町で始めたご家族です。

 

土に触れるお仕事をされているからか、自然素材や環境問題、

それらと人とのつながりを、深く考えられているお施主様。

 

 

古いものを活かし、取り入れ、現代の暮らしに寄り添うように。。。

森と人が共に生きる樹齢60年の紀州産材を使用した杉桧の家。

60年前の林業家の想いを現代の棟匠の手により神奈川の地に再現します。

 

 

 

 

 

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

 

玄関から一歩入るとコの字型に広がった

お庭を囲むダイニング・リビングが広がります。

 

 

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

 

和室の商事を開けるとフラットな空間。

駆け回りたくなるような一階のLDK.

 

 

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

 

キッチン・玄関・ダイニングは回遊できるようになっており

ゴミ出しや、買い物、食事など

家事動線が短くなるような間取です。

 

 

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

 

障子を開け放したときには和室からもキッチンが見渡せ

LDKと一体となり、キッチンにも南に面した小さな窓があるので

開放的に家事ができそうです。

 

 

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

 

 

しかし、客間を兼ねた和室。

障子を閉めると落ち着いた空間になるよう

配慮しながら設計をしました。

 

 

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

 

こぼれる明かりにLDKにいる人は

和室から人の気配を感じながらも

和室の中では静かな時間を得ることができます。

 

 

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

床の間の先にある東側の窓からは竹林が眺められ、

無農薬の畳に横になりながら

窓から空の移り変わりも楽しめます

 

 

 

 

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

 

少し弧を描いた和室の天井は茶室のような

上品なお部屋になるよう工夫しました。

 

 

 

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

 

 

リビングやダイニングは椅子に座った目線。

和室は畳に座った目線・・・

 

それぞれの目線で眺める景色が心地いいように

窓の高さや細かい部分を調整しています。

 

 

 

 

 

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

 

一階の階段の奥に見えるのが

ご夫婦のお仕事部屋、書斎です。

 

 

 

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

北側の竹林に面した大きな窓と、

神奈川県産ヒノキの無垢材のカウンター。

背面には作りつけの本棚。

 

スッキリと暮らす為に家具を新しく購入しなくて良いように、

建物と一体化して考えてきました。

 

 

 

 

 

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

ヒノキの階段を登っていくと、3つの扉が見えてきます。

 

東側のひとつは子供部屋へ、

もうひとつはWIC(ウォークインクローゼット)に通じます。

 

 

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

広めのウォークインクローゼットは将来

お子様が子供部屋を二つに仕切った時に

奥のお部屋につなぐ通路としても使います。

 

 

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

 

真鍮釘で止めた杉板の腰壁、

土佐和紙仕上げの壁、天井、

大きな紀州産の太鼓梁。

 

勾配天井の上にはお決まりのロフトが設けてあります。

 

 

 

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

 

こちらのロフト、小さな扉を開けると

小屋裏を通って端の寝室まで続いています。

 

 

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

南側には大きなバルコニー。

防水の関係で床より少し窓が上がっていますが

こちらもまた、まどを開けると

ちょっとした腰掛スペースにもなりました♪

 

 

農のある田舎暮らし(樹の家:愛川町)

 

今回は、弊社事務所から5分とかからない敷地という事もあり、

特に色々なスタッフが何人も入れ替わり立ち代り行き来した現場でした

 

 

現場が進みながらやっぱりこの方がいいかな?と意見を交し合い

変更したことも多くありましたが、

これからお住まいになるお施主様ご家族の

健康と幸せな暮らしを願いは変わらず

土地探しから2年をかけてのお引渡しとなりました。

そんな厳選された素材を使いながらも色々なこだわりを詰め込みやすい樹の家

 

その他の施工事例はコチラから

実際にお住まいの方を取材した、お客様の声はコチラから

 

 

インナーテラスのある家(南足柄市)

■インナーテラスのある家

四季を感じる無垢の平屋

四季を感じる無垢の平屋(横浜市)

土間のある暮らし清川村

■土間のある暮らし(清川村)

関連の施工事例を見る