vol.21

フリーペーパー花鳥風月

INTERVIEW 1
しっぽ村」で得たノウハウを生かして、全国の迷える犬・猫を幸せにしたいですね

-般社団法人 清川しっぽ村運営委員会 監事 
松木彰詞さん

 

INTERVIEW 2
ひと張りの弓に込めた思い入れ。そこに共感してもらえることが、弓師の醍醐味です

-弓工房今井 弓師 
今井一仁さん
 

INTERVIEW 1 「しっぽ村」で得たノウハウを生かして、全国の迷える犬・猫を幸せにしたいですね

しっぽ村

動物が好きという人は多いでしょう。しかし単なる愛護精神からだけではできないのが、動物保護施設の仕事です。どんな苦労、やりがい、目標があるのか? 清川しっぽ村」の松木彰詞さんにお話を聞きました。

 

一般社団法人 清川しっぽ村運営委員会

監事 松木彰詞さん

東日本大震災他、居場所のない犬・猫たちでにぎわうしっぽ村

しっぽ村

神奈川県唯一の「村」である愛甲郡清川村。県内で最小人口のこの村の山あいの一角に、たくさんの犬猫たちが集う、とてもにぎやかな場所があります。それが一般社団法人 清川しっぽ村運営委員会が運営する犬・猫の保護施設「清川しっぽ村」です。監事の松木彰詞さんがこう語ります。

「ここに集まっているのは、東日本大震災で行き場を失った犬や猫たちを中心に、熊本地震や県内で保護された猫もいます。活動開始当初は、福島県相馬市で避難所を運営していましたが、里親探しにより便利な場所を求め、2013年3月から清川村で運営を再開させました」。

東日本大震災から6年が経った今も、知られざる被害者ならぬ被害犬・猫たちがここにやって来て、新たな飼い主との出会いを待ちます。

「最近のペットブームのおかげもあり、健康体でなるべく若ければ里親は見つかりやすいです。一方でここには、老犬や猫のエイズや白血病などを発症している子たちもいて、看取り場にもなっているんです」と松木さん。

しっぽ村

それでも行き場と日々の糧を失い、野生動物に囲まれた不安な日々から解放されただけでも、「清川しっぽ村」と多くのボランティアの皆さんの存在は、ここで暮らす犬・猫にとって充分にありがたいに違いありません。

運営資金が乏しいなかでもしっかりと健康管理を実施

しっぽ村

これまでに里親のもとへ送り出した卒業生は250匹以上。そして現在、61匹(2017年8月現在)の保護犬猫が暮らすしっぽ村ですが、その運営はすべて募金活動で集まった多くの人たちからの善意のみでまかなわれています。

しっぽ村

「こうした活動に対して国や自治体、団体等から支援が得られる制度は残念ながらありません。申請すれば不妊手術費用の一部を援助してもらえる程度で、あとはすべて募金活動で得た皆様からの寄付金で運営させていただいています。やはりお金がかかるのは予防接種や空調管理などの健康維持費と病気の治療費などですね」と松木さん。

しっぽ村

資金的に厳しいなかでも、里親さんに安心して引き取ってもらえるよう、施設の衛生管理や保護犬猫の健康管理をしっかりと行うのがしっぽ村のポリシー。そのため引き取りに際して、里親さん側の費用負担等は一切ありません。

しっぽ村

「多くの保護犬猫が里親さんのもとで安心して暮らせること、それが私たちの願いです。最近、しっぽ村の初期メンバーだったミニチュアダックスフンドの『こじろうくん』が、保護から4年でやっと里親と出会い、幸せを掴んだのです。スタッフみんなで喜び合いました」。

いくつもの病気を抱えた老犬「こじろうくん」の奇跡

しっぽ村

福島から来たこじろうくんは、人間なら60代くらいの老犬で、てんかん他の病気症状も多く抱えていたそうです。「たぶんここで看取るんだろうな、とスタッフのだれもが思っていました。しかし大阪の里親さんが立候補してくれて、しっぽ村まで来てこじろうくんと対面してくれたんです。そして無事、卒業することができた、まさにスペシャルな出来事でした」。

しっぽ村

満面の笑みでこう語る松木さん。里親さん候補は、しっぽ村まで足を運ぶことが必須の条件であり、飼うことへの本気度を問われるハードルでもあります。大阪から、いくつもの病気を抱えた自分に会いに来てくれた人がいたことは、こじろうくんにとっても、まさに夢のようなミラクルだったことでしょう。

しっぽ村

「それでも最初、私たちは手放しでは喜べませんでした。なぜならこじろうを飼うのは本当に大変で、飼育を放棄されてしまう可能性もあったからです。そこで来村された里親さんには、こじろうが抱える病気を詳細に説明しました。そのうえで納得して、こじろうを引き取ってくださったんです。

しっぽ村

里親さんは以前、同じミニチュアダックスを飼われていたそうで、その愛着から、東北大震災でつらい思いをしたこじろうを、せめて最後にねぎらってあげたいと思いやってくださったのだと思います」。
保護犬猫たちとの触れ合いだけでなく、こうした多くの心優しい里親さんたちとの出会いそれが資金的に苦しくてもこの保護施設活動を続ける、松木さんのモチベーションを支えます。

がれき撤去作業で訪れた被災地で巡り合った「運命の糸」

しっぽ村

「私自身、猫を3匹飼っています。動物は好きですが、まさか自分が動物の保護活動や施設運営に関わるとは、夢にも思っていませんでしたね」と語る松木さんは福岡県出身で現在41歳。先だって洪水被害に見舞われた朝倉市は地元のすぐ近くだったそうです。

長らく建築関係の会社で働き、東日本大震災直後の4月には、がれき撤去業務を行う作業員として被災地に赴任しました。「がれきからは事の重大さを痛感しましたし、途方に暮れる犬猫たちも多数目にしました。それでも映画のセットが作られたロケ地を見ているかのようで、これが日本の東北であること、そして現実であることが認められずにその場にたたずんでいましたね」。

しっぽ村

そして被災地で松木さんは、偶そして被災地で松木さんは、偶代の友人と出会います。その出会いはその後の松木さんの人生を大きく変える、運命の糸でした。「10年ぶりくらいの再会で、びっくりしましたね。その友人が人道支援や飼い犬保護のNPO活動を行っていました。そして、その活動を手伝わないかと誘ってくれたのです。人間動物を問わず、他者の役に立つことをしたいと思ったので、転職することを決めたんです」。この再会をきっかけにNPOの有給職員となった松木さんは、被災地での動物保護活動を開始します。

しっぽ村

「福島県内の山奥に保護施設を作りましたが、保護犬猫の数は増えるばかりで、里親さんを募集する必要性に迫られたのです。しかし、皆さん自身が大変な日々を送っている被災地で里親さんを募集することはできません。そこで里親さんを募りやすい関東圏に施設を移すことになり、その結果として現在の清川村しっぽ村が誕生したんです」。そして2013年9月、より活動の幅を広げるため、NPOから独立する形で一般社団法人を設立させました。

「便利屋」でのバイト収入が生活を支えているという現状

しっぽ村

取材して驚いたのは、監事でありながら現在の松木さんの待遇は無給ボランティアだということ。「給料が払えるスタッフはごく少数です。私をはじめ残りのスタッフの収入源は、施設活動とは別に行っている『猫の手サポート』と名付けた便利屋業で得た収入からの一部になります。もちろん保護活動に支障をきたさないように行うアルバイトですので、毎日フル稼働というわけにはいかないのですが……」。便利屋では草木の刈り取りやごみ掃除、電気機器の修理など、電話で依頼される中からできそうなことをスタッフで手分けをして請け負います。こうして得たアルバイト収入が松木さんたちスタッフの生活費です。
「最初は理解のあった奥さんも、さすがに最近では、もう少しなんとかならないのか、と思っているみたいですね」と、苦笑いする松木さん。保護活動で出会った女性と2013年に結婚した松木さんは、一家の大黒柱でもあります。

しっぽ村

それでなくても、しっぽ村運営スタッフの仕事はハードです。日々の施設運営と保護犬猫の世話の他にも、里親候補者の自宅環境を出張して調査し、募金活動も欠かせません。さらには県内で保護される毎月20匹ほどのノラ猫のTNR(不妊手術)活動と、定期的に福島県飯館村へ出向き、犬猫たちへの給餌活動もボランティアで行っています。こうした日々に加えて便利屋のバイトが必要とは……。「寄付金以外にほとんど支援が得られない現状の中では、しょうがないとしか言えません。かといって保護施設は必要ですから、とにかく今は維持するためにみんなで力を合わせています。もちろん将来的には改善させる必要がありますので、最善策はないのかと日々、模索もしています」。

日本全国の迷える保護犬猫を幸せにするために今がある

しっぽ村

収益対策の一環としては、動物保護で得た経験や知識を生かした新規ビジネスの立ち上げも考えているそうです。「例えば、猫を飼いたい高齢者を対象にした共済システムです。猫を飼いたいけど高齢で不安という人たちも多くいるんですね。そうした方のためにこちらから猫をした方のためにこちらから猫をり、飼い主さんが他界された場合は猫を引き取ります。このシステムの運営資金を共済という形で参加する高齢者の方々に積み立ててもらうわけです」。こう将来のプランを語る松木さんに施設内を案内してもらうと、伝染性の病気を患ってしまった保護猫のいる隔離病棟のような場所もあります。また、自力での給水すらままならない老犬へはこまめな世話が欠かせません。こうした保護施設の運営がいかに大変なものであるか、そして行き場を失った犬猫たちにとっては、いかに必要不可欠なありがたい場であるかを感じさせられます。
家庭の生活レベルを抑えてまで保護活動に注力する松木さん。その姿からは、単なる動物愛だけでなく、より大きな使命や目標を目ざす気迫のようなものが感じられます。それはいったいどういうものなのでしょうか?

しっぽ村

「動物保護施設というのは、決してひとりではできません。多くの人たちのサポートが必要です。その中で私の使命は、こうした施設やコミュニティが、どうすれば多くの人たちの集まりの場として、適正な形で運営・持続できるのか、その道筋を立てることだと思っています。私が今目標にしていることは、各市町村にひとつの保護施設ができるようなノウハウをしっぽ村の運営から蓄積することです。そして、多くの動物愛護精神のある人たちが、少しでも多く、気軽に参加できるコミュニティづくりを実現させることですね。そうすることで被災地に限らず、日本全国の迷った子供たちが幸せになってくれるのだろうと思います」。